正鵠 No.3 「夏季保育」・・・ 中止します

query_builder 2022/08/19
IMG_0816

7月21日(木)から数えて今日8月30日(金)で夏休み33日目になります。 9月1日(木)からは2学期。 様々なことへの挑戦が始まります。

さて、長く続いた家庭生活のリズムから、心身ともに幼稚園での生活のリズムを思い起こさせるために、8月24日(水)~26日(金)の3日間「夏季保育」を予定していました。一部お母様方の力もお借りして2日目には「おばけ屋敷」「各種ゲーム」、3日目には「そーめん流し」を計画していました。 

3日目の「そーめん流し」については、コロナウイルスが猛威をふるう中で過去2年間実施を見送ってきました。 今年度はぜひ実施したいと考え、準備を進めてきました。 

ところがここにきて第7波と言われる新型コロナ感染者として発表される数が第6波までとは比較にならない多さとなってきています(大分県では8月17日=3027人、18日=2995人)。

残念ながら本園関係者(園児、保護者、園教職員)もその枠外ではありません(ご家庭内の状況については報告をお願いしてはいますが、完全には把握できていないかも知れません)。 夏休みに入って以降教職員だけで4名の陽性者、本日現在で3名が陽性、自宅療養という状況です。 ただし、これについては幼稚園内での感染ではなく、また園内での濃厚接触ということもありませんのでその点はご安心頂きたいと思います。【 園児関係についてはお知らせしないこととします 】

ところで、上述したように3日間の「夏季保育」は2学期本番に備えての軽いトレーニング的な考えから実施するものです。 ところが “トレーニングをしたがために本番で支障が出る” = “夏季保育実施の中で新型コロナに感染し2学期早々のスタートが躓く” というようなことがあっては本末転倒もいいところです。

このような考えから、大変に、大変に残念なことですが、ここは勇断をもって「夏季保育は取り止める」ことにします。

事情ご賢察の上、ご理解ください。

定評ある「おばけ屋敷」「そうめん流し」については「是非とも子どもたちに体験させたい」という強い思いをもっています。 2学期のいずれかの時点でそれができれば・・・・・と考えているのですが・・・・・?

なお、預かり保育オレンジクラスは通常通り実施します。

9月1日始園式。どの子もが元気いっぱいの姿で登園することを願っています。

以上、お知らせします。


      < 大分 聖公幼稚園 >