運動会「お知らせとお願い」

query_builder 2022/10/07
お知らせ

 コロナ コロナ コロナ ・・・ ようやく下火になってきたように思えますが、まだまだ気を許すことのできない毎日が続きます。 皆様におかれましてはますますご清栄のことと拝察致します。  幼稚園では、今週土曜日の運動会を目指して子どもたちも先生方も夢中・熱中・集中した取り組みを進めています。  

さて、今年度「運動会」についてお知らせします。  今年もコロナウイルス感染症対策として、大分県内幼・小・中・高を問わず運動会のあり方が昨年 同様、例年とは違ったものになっています。  本園としても、コロナ禍運動会のあり方を検討してまいりました。その結果として、昨年に引き続 き次のような運動会とすることにします。


1、運動会の「目的」は、幼稚園で身につけた「運動能力」「意欲」「挑戦力」等を発表することである。 

運動会は「お楽しみ会」ではない。 私たち聖公はこれまでにこの立場をより確かなものとしてきた。 コロナ禍の時代と雖もこの考えにはいささかも揺るぐところはない。

2.運動会の場で発表する「能力」は幼稚園生活を送る中で子どもが身につけつつあるもの、 挑戦・challengeする姿、その姿勢である。 それは日々の幼稚園生活の場における「教育」「指導」の成果・結果以外の何ものでもない。 当日を迎えるまでの子どもそれぞれの挑戦の姿が当日の子どもたちの姿である。 そこでは学校教育=教師集団の力量が問われ、その真価が評価される。


上記運動会に向けての「基本的立場」に立ちながらも「コロナ対策」を考え、今年の運動会は次の ように運営・実施してまいります。

 できるだけ「対面」「密」を避けるため運動会は午前中で終了する 。 従って、運動会場内での「昼食」はご遠慮願います。 場所をかえ、それぞれのご家族で当日及 び練習過程での子どもの“労”をねぎらい、頑張り・成長をほめるお食事をお願いします。  

 短時間の中に多くの“出番”‥‥ 子どもたちの疲労度に目を向ける 「入場行進」から「閉会式」までのプログラム数14の内に ばら組7回、きく組8回、ゆり 組9回の“出番”が計画されています。 これだけのものを午前中3時間20分の中で発表するのですから、子どもたちの疲労度には相当なものがあると考えています。 そこで、プログラム7番8番の間に休憩時間を設け『キッズゼリー』を摂取させます。

 「保護者観覧ゾーン」の設定について   

・ 上述しましたように、テントは設置しません。   

・ 例年のようなご家庭それぞれの「家族指定席」は設けません。   

・ 運動会場「トラック」の外側を「保護者観覧ゾーン」とします。「観覧ゾーン」内の移動は自由です。 演技しているお子様がよく見える場所に移動してご観覧ください。

「観覧ゾーン」内では<レジャーシート><椅子>等の使用は禁止とします。(レジャーシート)(椅子)等は「観覧ゾーン」の外側(白線で明示)でお使いください。   

・ 「トラック」と「観覧ゾーン」の間にはロープを張ります。ロープの内側(トラック内)には入らないようにしてください。   

・ 競技・演技しているクラスの子どものご家庭の方々が前列でゆっくり観覧できるよう、皆様方お互いの配慮をお願いします   

・ 今年も「家庭用テント」の使用はご遠慮ください。  

 観覧者の数(各家庭からお出でいただく人数)を制限するか私立幼稚園他多くの小・中学校等では『観覧者一家庭○名まで』等の規制を設けるところが多いようです。 聖公幼稚園ではそのような人数規制は今年度も設けないことにしました。    

「マスク着用」「密状態を避ける」等コロナ対策に十分なご配慮の上でご来場、ご観覧ください。

 当日の「駐車場」 ・・・・・・ 今年度は大分川河川敷「弁天大橋下」は使用できません。  

 当日ご来場、ご観覧に当たっては「マスク着用」をお願いします。  

 できるだけ「密」を避けるようにしてください。  

 必要以外、できるだけ「対面しての会話」を避けるようにしてください。


例年テント設置のために早朝からお父様方の力をお借りしていました。 また、終了後の片付 けにも多数のお父様方の力とお時間をお借りしていました。 今年度は終了後の片付けを含め幼稚園教職員の手で実施します。 子どもは半日間のハードス ケジュールをこなす中で、心身ともに疲れ切っています。またお腹をすかせてもいます。  ご家族おそろいでの昼食・団欒のなかで子どもさんの活躍・挑戦・頑張りを褒めてやる時間 をおもちください。


* とは言いながらお時間の取れる方、テントの片付けのみお手伝いいただけるとありがたいです。


      <大分 聖公幼稚園>