【正鵠 №4】「バイオリンのしらべに浸るひととき」 ~水谷晃さんがやって来る~

query_builder 2022/11/16

水谷晃・・・・・ この人、この名前をご存知でしょうか?

ご紹介しましょう。

○ 93年度、95年度大分県音楽コンクール 1位並びに特賞(最年少) 

○ 第56回全日本学生音楽コンクール名古屋大会 第1位 第12回日本モーツアルト音楽コンクール 入賞

○ 桐朋学園大学 首席卒業 第57回ミュンヘン国際音楽コンクール弦楽四重奏部門 第3位入賞 (この部門 日本の弦楽四重奏団の入賞は38年ぶりの快挙)

○ 2010年4月 群馬交響楽団コンサートマスター就任

○ 2013年4月 東京交響楽団コンサートマスター 、 トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニアコンサートマスター

この他にもいろいろとご活躍ですが、そのような水谷さんが本園にお出でになり、子ども達を前にバイオリン演奏のひとときをもってくださることになりました。

なぜかって・・・・・・ ?

実は、水谷晃さんは本園、聖公幼稚園の卒園生なのです。第36回卒園生です。

1989(平成元)年4月 入園   1992年3月 卒園

1992年4月 中島小学校入学   その後、父親の転勤に伴い、5年間インドネシアに滞在したということです。

そのような水谷晃さんをお迎えして『バイオリンのしらべに浸るひととき』をもつことができきるようになりました。

と き:12月5日(月) 10時30分 ~ 11時15分

ところ:教会「礼拝堂」

いつでもできることではありません。水谷さんのご厚意で、子ども達にとってはこの上なく素晴らしい「ひととき」になるものと期待しています。

このような機会ですので、水谷さんの後輩、ゆり組の子ども達のハンドベル演奏をおききいただくことにしています。

せっかくの機会ですので、関心のある保護者の方「入場可」とします。ただし、コロナ感染が心配される昨今です。入場は一家庭一名のみとさせていただきます。

      <大分 聖公幼稚園>